エンジニア♀暗中模索

ハッカーに憧れてる

日本人→英語出来ない→技術取得量が足りない→技術力が足りないのサイクルを回る前に気づくべき現実

技術の情報、特にOSSやプログラミング系の情報、

もう圧倒的に英語です。

悲しいかな、本当に日本発の技術がほとんど無いことも相まって、

英語と技術力に相関が出てきそうです。

 

エンジニアという存在には、物を作れる技術が期待されます。

物が作れさえすれば良いのです。

正直な話、英語が分かれば、世の中のありとあらゆるものを作るための情報が

提供されていることに気づくでしょう。

その先人達を見習えばあっという間に作れたりもするわけです。

 

それに、日本人は恵まれていることに、既製品のレベルが高すぎて、

そもそも物を作るという文化からはほど遠い。

ここまで、物を作ろうとか、修繕しようとか思わない国ってあるんだろうか。

電化製品にしても、何にしても壊れたら基本は買い替えなわけだし。

 

逆にいえば、外人はまじでなんでも作る。

というか、作らざるをえないんじゃないかと思う。

外人って一括りだけど、たぶん日本以外の国は全てな気がしてる。

アメリカとか他の先進国も、作るよね。

 

そんな訳で、圧倒的に英語が出来ない日本人エンジニアは情報取得量として圧倒的に不利です。

理系学生よ、英語が苦手とか言ってる場合ではない!

そんな訳で、最近英語を勉強しています。