エンジニア♀暗中模索

ハッカーに憧れてる

コミュニティとは何なのか

コミュニティとは何なのか?

一人、二人程度の仲良しグループよりも、もっと大きいイメージがある。

コミュニティ位になると、そこに社会が存在するようになる。

ちなみに、Wikipediaから引用してみる。

コミュニティ英語:community):英語で「共同体」を意味する語に由来。同じ地域に居住して利害を共にし、政治経済風俗などにおいて深く結びついている人々の集まり(社会)のこと(地域共同体)。日本語では「地域共同体」が「地域社会」をも意味し得うるため、転じて国際的な連帯やインターネット上の集まりなども「共同体」あるいは「コミュニティ」と呼ばれる(例:欧州共同体ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体アフリカ連合米州機構東アジア共同体(計画中)、国際航空通信共同体)。地域の共同体であることよりも地域住民相互性を強調する場合、地域コミュニティとカタカナ表記する場合も多い。

 

共同体という意味を持つらしい。

漢字だけを読めば、共に同じ体と書くわけで。

つまり、共に同じであることが期待されるものが、コミュニティとも言えるのかもしれない。

 

なぜ、コミュニティがあるのか。

一人ひとりの人間が、自分の居場所を作る必要性があるからと考える事ができる。

今の現代社会で、完全に孤立して生きていく事は、実質かなり難しい。

そして、他の人がいるというのは、生きている安心感にも繋がる

自分を認めてくれるコミュニティというのは、心休まる存在とも言える。

 

どのようにコミュニティが形成されるのか?

ある種、何らかの共通事項から形成されると考えられる

地域とかの居住地の近さ、親戚関係といった血縁関係の近さ、

会社、大学といった活動範囲の共通項

これらが全く異なる場合、コミュニティはそもそも形成されにくい

共同体という名前も、共通項を持った人が集まっていると考えると理解しやすい。

 

どうして、批判されるようになるのか?

なぜ、コミュニティの他の人から批判されるのかというと、

コミュニティは共通事項から外れてしまっているから。

怖いことに対象の事項が批判対象であることが、共通事項であったりする場合もある。

例えば、高卒者グループの中で、大卒者を批判するような場合がある。(あいつは頭は良くても使えない、といったこと)逆に上記の様に、社会的地位がある人のコミュニティの場合、専業主婦への批判するような場合も多々ある。

この心理を考えると羨望、嫉妬といった気持ちも含まれている可能性は確かに高い。

 

批判されないようにするにはどうしたら良いのか?

究極的にはコミュニティに属さないのが一番である。

コミュニティには何らかの共通意識があり、共通意識から外れることは、批判の対象になる可能性が高い。

そうは言っても関わらなければならない場合もある。

その場合は、コミュニティの共通事項を見定めて、なるべくそこから外れていないように振る舞えるようにするのが、大人ともいえる。

それが出来ないんだったら、何が何でも、逃げて逃げて逃げまくるのが、自分にとって一番である

そして、自分を嫌うコミュニティもあれば、自分を好むコミュニティも必ずあるので、そこは忍耐強く探し続けるべきである。