エンジニア♀暗中模索

ハッカーに憧れてる

女性は一生何かの批判に晒されながら戦い抜くしかない

seramayo.hatenablog.com

 

この記事読んで、色々と共感することもあり、ただの雑感ではあるが書く。

女性って、男性と比べると、期待される生き方が多様である。

男性の場合、良い大学を出て、良い会社に入って、家族を持って一貫して働きあげる事が美徳な気がするが、

女性の場合は、上記の生き方を肯定する人から、女性に学歴はいらない、主婦で家庭を守るべきという人まで多様である。

 

つまり、どの様な選択肢を取っていたって、必ずと言っていい程批判を浴びることになる。

例えば、上記京大人みたいに高学歴の場合、「女性がそんなところに行くべきでない」、「婚期が遅れるよ」、「自分よりも高学歴の人とは付き合いたくない」

この辺の言葉、親戚のおじさんから、母の友人、悲しいのは同じ大学の男友達に言われたりする。

とはいえ、主婦業をやるといえば、上記の様な話になる。

仕事をしない状態というのは、そもそも無職でもあり批判には晒されやすい。

 

では、批判に耐えなければいけないのか、というそうでもない

自分が属しているコミュニティの性質を捉えることが必要

なぜ、批判が起きるのかというと、コミュニティの大多数の行動から、乖離した行動になっているから

何かが違うから批判か賞賛か、とにかく何らかの感情が向けられることになる

また、見方を変えれば、自分が属しているコミュニティの性格もわかるし、実際の自分の性格もそんなもんだということが分かる

批判を受けたくなければ、コミュニティを変えるしか無い